医療現場のチームワーク

チームワークが大事!

病院での人間関係

Posted 水曜日, 5月 28th, 2014

人間関係というものは、良いものを築きたいと自分一人が思っても難しいものです。病院で働く人たちにおいても、それは言えることでしょう。人間関係をより良くしたいと思った時には、出来るだけ努力をしなければいけないでしょう。
そしてそれは皆が思うことが必要なのです。会社でもそうですがクッションのような役割をしてくれる人がいる場合があります。そういう人がいてくれると人間関係はかなりうまくいきます。
でもそういう人がいてくれないような環境だと、良い人間関係を築くのは結構難しいことになります。出来るだけ良い人間関係を築くためには、言葉も必要になってきます。感謝の気持ちやお詫びの気持ちを持ち、それを言葉にする必要があるのです。
そして出来れば態度で示すようにした方が良いでしょう。そうすることにより円滑に仕事をすることが出来るようになります。病院内で働く人たちにとって人間関係というものは、とても大変なものだと思います。
医師が一番偉いというような立場にあり、看護師に対して偉そうな物の言い方をしている姿を見たことがあります。それを見てしまうとその後患者として接した時に、どんなに丁寧な事を言ってもらっても、信頼出来ない…と思ってしまうものです。逆に、医師と看護師が互いを尊重しあって、時々笑顔も出るような和やかな感じで仕事をしているのも見ることがあります。このような関係性ができていれば、時に必要に迫られ厳しいことを言うようなことがあったとしても素直に受け入れられるのではないかなと思いました。
一事が万事というようなことなのかもしれません。出来るだけ人を大切にするようにしている人は、自然に態度に表れるものだと思います。そういう人に診察をしてもらったり、看護をしてもらえるのは、本当に幸せなことですね。

参考サイト《医療現場の裏解体新書